インティバリの石けんがすぐ溶ける理由

インティバリ石けんは比較的すぐ溶けてしいまいます。それは、インティバリ石けんの特性によるもですが、出来るだけ長持ちさせる方法がありますのでシェア出来ればと思います。

インティバリ石けんが溶けやすい理由

インティバリ石けんは、天然成分100%の素材だけを材料しており凝固剤など使用していません。また、その素材の特性を損なうことなく活かせるコールドプロセス製法で作っているのですが、その製造工程において、保湿成分であるグリセリンが生成されます。このグリセリンが豊富に含まれる石けんは、水分を吸収しやすくなり溶けやすくなります。

別の言い方をすれば、水分で石けんが分解されるということですので、泡切れが良く、変なベトベト感もなくスッキリ洗い流せます。

いつまでも溶けない、つまり水分を吸収しても洗浄力が弱まらない洗剤は(洗浄力を保つために合成化学物質を配合しているのですが)、シャワーで洗い流してもその合成化学物質が皮膚に残留しベトベト感がありますし、肌トラブルの原因になることもあります。

また、分解されることなく環境に排出されますので環境破壊の要因にもなります。 溶けやすい石けんは、お肌と環境に優しい石けんと言えます。

インティバリ石けんを長持ちさせる方法

インティバリ石けんは、その特性から水分を吸収しやすく湿気の多い場所が苦手ですので、使用後はお風呂場に置かず、洗面台など別の場所で保管することをおススメします。このようにして、インティバリのホホバクリーン石けんを洗顔だけに利用すれば1個の石けんで6か月間持つと言われるユーザー様もいます。 また、インティバリの石けんは、包丁などで簡単に切れますので、数回分に切り分けて使用頂くのも有効です。