エッセンシャルオイルで花粉症対策

花粉症はアロマセラピーで治る

ご存知の通り、花粉症はアトピー性皮膚炎やぜんそくなどと同じアレルギー疾患の一つだといわれています。アレルギーとは、体に入り込んだ異物に対する体の防御反応が過敏に反応することです。花粉症の場合は、鼻や目の粘膜に付着した花粉を外に出そうと鼻水や涙が止まらなくなるのです。よって予防策としましてはマスクやゴーグルなどを使い花粉が鼻や目の粘膜に付着しないように気をつける。それと、最も効果的なのが、エッセンシャルオイル(精油)を使用した芳香治療(アロマセラピー)です。

芳香療法(アロマセラピー)は、古くからヨーロッパ各地で伝わる民間療法です。それなりの効果が期待できるからこそ現代に受け継がれてきたのです。別の言い方をすれば「歴史がその効力を証明している」とも言えます。近年、現代医学的においても香りが及ぼす身体への影響が確認されています。そのようなエッセンシャルオイル(精油)の中で、特に、ユーカリ、ティートゥリー、ペパーミント、ラベンダー、ホワイトティートゥリーなどが花粉症に有効と言われています。もし、花粉症でお悩みなら芳香療法を試してみてください。尚、人工香料はアロマセラピーに使えません。純正のエッセンシャルオイル(精油)をご利用下さい。