体温を上げる方法

健康な人の平熱は36.5℃~37.1度と言われています。平熱がこの範囲より下回ると低体温です。平熱が35℃代ですと要注意です。

実はこの低体温は肌荒れ、便秘、歯周病、胃潰瘍、糖尿病、骨粗しょう症、潰瘍性大腸炎、がん、認知症、、、など引き起こす原因になります。また、喘息やアトピー、花粉症などのアレルギー疾患も低体温によって発症、悪化する危険性があるそうです。

このように、低体温だとなぜ病気になるのか?それは体温が下がると免疫力が下がるからです。

体温が一度下がると免疫力は30%も低下するそうです。免疫力が低下するということは、ばい菌やウイルスに対して身体が自ら守ろうとしない、、、あるいは、免疫の誤作動により自分自身で身体の組織を破壊して病気を引き起こすこともある。

このように免疫力が低下すると、全く自然治癒力が備わっていない状態になり、病気に対して身体を守ろうとする力がなくなってしまうのです。

ゆえに、病気が発症しやすく、その病気がどんどん悪化して体内の環境が悪くなり、更に低体温になってしまう。また低体温は体内を酸化させ新陳代謝も悪化し老化を促進させてしまうそうです。

こんな状態から脱出するには、体温を上げるのが一番!体温が一度下がると免疫力は30%落ちますが、一度上がると免疫力は500~600%も高くなるそうです。

風邪を引いた時に発熱するのは体温を高めて免疫力を上げようとする身体の防衛本能なんですね。そんなわけで、体温を上げる方法をシェアしたいと思います。

その1 コアマッスルを鍛える

 

 コアマッスルとは首から肩、背中、腰まで姿勢を保持するのに必要な筋肉です。背筋がピンッと伸びた姿勢が良い人は、このコアマッスルが自然と鍛えられていると言えます。

このコアマッスルが衰えてしまうと、血流が悪くなり、肩がこりやすくなったり、疲れやすい身体になり、また年をとると腰が曲がってしまいます。

何時までも若々しく健康的な美しさを保つのには、このコアマッスルを鍛えるのがとても有効だと言えるでしょう。

その方法はただ単に良い姿勢を維持すること。実は普段姿勢の悪い人が長時間、良い姿勢を保とうとすると逆に腰が痛くなったり、、、と、かなり疲れます。

それでも、頑張って良い姿勢を保つようにしていれば自然と良い姿勢が保てるようになります。コレは意識するかしないか、やる気と根性ですよね。根性だしてコアマッスルを鍛え、普通に良い姿勢を保つことが出来ればそれだけで基礎代謝が20%近くアップするそうです。

基礎代謝とは何もせず消費するエネルギーのことですが、この基礎代謝が20%アップした際のエネルギー消費量はジョギング1時間に相当するそうですので、コアマッスルを鍛える=良い姿勢を保つということは、かなり頑張る価値があるということです。 

その2 生姜を入れた紅茶で温まる

 生姜には「体温を上げる」という効能があります。オススメは生姜と黒砂糖を入れた紅茶を1日3~6杯飲む。生姜を皮ごとすりおろしお好みに応じて紅茶に入れるだけ。簡単なので1度お試し下さい。身体がポカポカします。

生姜の効能~こんな病気や症状に有効~

200種くらいある漢方薬のうち150種に生姜が入っているそうですが、肥満、風邪、痛み全般、肩こり、冷え性、むくみ、便秘、吐き気、二日酔い、婦人病、胃炎、胃潰瘍、めまい、耳鳴り、疲労、夏ばて、心筋梗塞、ぼうこう炎、高血圧、糖尿病などに有効とされています。

 

その3 お風呂で一時的にでも体温をあげる

風邪を引いたかな?と思った時にお風呂に入り身体を暖めると治ったりすることが多いと思います。

これは一時的に体温が上がり免疫力が活性化するからです。恒常的に体温を上げる最初のステップとして、一時的にも体温を上げておくのは有効な手段といえます。低体温の人は一日一回、一時的にでも体温を上げることから始めてみましょう!