エッセンシャルオイル

エッセンシャルオイルとは、植物の葉、根、実、樹、樹脂、果肉などに含まれる揮発性の芳香成分を抽出した精油(エッセンシャルオイル/アロマオイル)です。古来より世界各国でアロマセラピー(芳香治療)として医療や美容に利用されており、その歴史がアロマセラピーの持つ優れた効力を証明しています。

香りは大気中で気化した物質を体内に吸収し身体に作用します。アロマセラピー(芳香治療)は、香りが持つ作用で花粉症や月経痛を抑えたり、ホルモンバランスを整え自然治癒力を高めたり。

香水や洗剤、柔軟剤に含まれる香料、塗料や接着剤、インクやシンナーなども、体内に吸収され、アレルギーや喘息、偏頭痛などの原因になることも。ちなみに、化学的に合成して作られた香りは持続性が高く、それだけ被害も大きいと思われます。

それだけ、香りは身体に影響を及ぼすと言えます。香りはもろ刃の剣と言わざるを得ませんが、インティバリでは、古くからアロマセラピー(芳香治療)に利用されてきたエッセンシャルオイルの効能に注目しています。

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。